スタッフブログ

原田 純也

アイドリングストップ後に再始動しなくなった

[2020/11/29]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをごらん頂き誠にありがとうございます。



ワークスの原田です。



信号待ちなどでアイドリングストップした後ブレーキペダルをリリースしてもエンジンが再始動しないシトロエンC4が入庫しました。


試運転してみると確かに再始動せずベルトがなく音が聞こえる。
年式にもよりますが、オルタネーター(発電機)でエンジンをスタートするのでドライブベルトで繋がっているオルタネーターはベルトの張りが弱ってくるとエンジンをスタートする際にベルトが滑ってしまいエンジンを始動する事が出来ません。


この場合は、ベルトの張りを自動調整しているテンショナー2個と焼けたベルトを交換。



試運転をしてアイドリングストップ後エンジンが再スタートする事を確認して作業終了です。

原田 純也

スパークプラグ

[2020/11/15]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをごらん頂き誠にありがとうございます。


ワークスの原田です。



エンジン不調のシトロエンC3が入庫しました。

エンジンを始動すると確かにエンジンがガタガタとかろうじてアイドリングしている様子。


なんとなく失火しているかなと思いつつ専用のシトロエン診断機で診断すると3番シリンダー失火。


スパークプラグを点検すると接地電極が新品と比べるとかなり磨耗して細くとがっていました。


これだけ磨耗していると朝一番の始動時やアクセルを踏み込んだ時などにきれいな火花が飛ばせないので失火してエンジン不調が発生します。



この様な故障を未然に防ぐ為にも1年に1回の定期点検は必要です。
強くお勧めします!

原田 純也

水温が低い

[2020/03/09]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをご覧いただきありがとうございます。


ワークスの原田です。



水温計の針が上がらなくなったシトロエン エグザンティアのご入庫です。

点検するとアイドリング状態では真ん中くらいまで上がりますが、走行すると水温系の針が下がります。


この世代の車両は、制御が単純なのですぐに原因が特定できました。
サーモスタットのリングガスケットがペロンと飛び出していました。
これではエンジンの水温を適温に保つためサーモスタットが水路を遮断したくてもガスケットの隙間から温められた冷却水が漏れ出てしまいます。


交換後は、水温が安定してヒーターの効きがよくなりました。


この時期ヒーターの効きが悪いなと感じたらサーモスタットが悪さをしているかもしれません。

原田 純也

グイドシンプレックス 運転補助装置

[2020/02/17]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ワークスの原田です。

初めてグイドシンプレックス(自動車運転補助装置)が取り付けられた車両を運転したときに最初に気になったことは、ツイストレバーの取り付け位置がステアリングに近いため大きくステアリング操作をすると手の甲をツイストレバーがかすめることがあったので自分が取り付けるとしたらなど考えていましたが、間違いでした。
取り付け位置には理由がありまして足が不自由な方が運転した場合、体を支えるのは腕のみとなるため右手でステアリング操作をして左手でアクセル操作をするとコーナーリング中やブレーキング中にバランスを崩しやすい状態ですが、グイドシンプレックスの装置はステアリングに指をかけた状態でアクセルやブレーキ操作を行えるため非常にバランスがとりやすく高速走行時などはレバー単体で操作した時より腕にかかる負担がかなり軽減できたと感じました。


最近、グイドシンプレックス(運転補助装置)に触れる機会が増えてきましたので操作していて気づいた点や特徴などがありましたら今後お伝えしていきたいと思います。


グイドシンプレックス(運転補助装置)に興味がある方は是非お問い合わせください。

原田 純也

グイドシンプレックス 自動車運転補助装置の取り付け

[2020/01/20]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをご覧いただき、ありがとうございます。


ワークスの原田です。



以前ご紹介させていただいたグイドシンプレックス(身体障害者用運転補助装置)の取り付け作業です。

ステアリングの横に取り付けられた電気式のツイストレバーはアクセルペダルを押すのではなく電気信号でアクセル操作を行うことができるので操作は非常に軽いです。

レバーの途中にある赤いボタンを押すと補助装置が解除されるので、ボタン一つで健常者の方でも気軽に動かせるのが特徴です。
補助装置を取り付けるとペダル廻りが狭くなりがちですが、グイドシンプレックスは足元がすっきりしていて乗り降りがしやすく健常者との共同使用でも違和感はないと思います。

グイドシンプレックスは、お客様と自動車に合わせて1台1台手作りで作業を行うため他社製品に比べると時間と費用が掛かるかもしれませんが、
操作性や内装の加工も最小限で行うので自動車のデザイン性を損なうことなく車両への取り付けが可能です。


自動車運転補助装置に興味がある方は、是非
グイドシンプレックスをご検討いただければと思います。