スタッフブログ

原田 純也

グイドシンプレックス(運転補助装置)のご紹介

[2019/08/19]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


ワークス原田です。



今回、弊社で取り扱っておりますグイドシンプレックスという運転補助装置のご紹介をさせていただきます。

ハンディキャップがある為にフランス車に乗る事を諦めていた人たちの夢をかなえるためグイドシンプレックスを取り扱っております。




取付例のご紹介
この装置は左のレバーを下に下げるとアクセルが作動し、押すとブレーキが掛かるシステムです

アクセル操作をしている場合でもブレーキを作動させる事が可能で、その時アクセルは自動で解除されます。

また、電気式のツイストレバーはアクセル信号を電気信号で行う為、きわめて軽い力で操作が出来ます。
是非、夢をかなえて下さい!ご連絡お待ちしております!

原田 純也

パワーウインド

[2019/05/23]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエンブログをご覧いただきありがとうございます。


シトロエン福岡 ワークスの原田です。


今回の作業は、シトロエンC3のパワーウインドレギュレーターの交換作業です。

ドアの内張を外してアクセスします。
レギュレーターで窓ガラスを上下させますが、経年劣化や使用頻度で
樹脂パーツでできたローラーなどが破損して窓落ちします。

パワーウインドの操作時に音などで異変に気づけば事前に防げますが、
ほとんどの場合、突然窓が落ちます。


もし、窓落ちした場合は部品が届くまでの間の応急処置をさせていただきますのでご連絡ください。

原田 純也

クラッチ

[2019/05/13]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエンブログをごらん頂き誠に有難う御座います。


ワークス原田です。


今回C4カクタスのクラッチオーバーホールの実施です。

走行中クラッチが滑っているわけではないのですが、駐車場での車輌の出し入れ時クラッチジャダー(車体がガタガタガクガク)なります。

今回の原因としてはクラッチが磨耗して半クラッチが上手に出来なかったことでした。

クラッチ操作シフト操作どちらも機械任せなので多少のギクシャクは許してあげるしかないですね。




原田 純也

C4 オートマ修理

[2019/04/18]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエンブログをごらん頂き誠にありがとう御座います。

シトロエン福岡 ワークスの原田です。



オートマ不調のシトロエンC4が入庫しました。

テスター診断でプレッシャーレギュレーションが表示されます。
AL4オートまでは定番?のソレノイドバルブ交換です。


これも定番?バルブボディのボルトが緩んでいる事があります。
この状態では正常な油圧が発生しないのでエマージェンシーモード
(3速に固定されます)突入ですね。

交換後はスムーズにシフトチェンジするようになりました。

原田 純也

オーバーヒート

[2019/02/16]

スタッフ:
原田 純也
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもシトロエン福岡のブログをごらん頂き、誠に有難う御座います。


ワークスの原田です。



シトロエンC4がオーバーヒートで入庫しました。



クーリングファンはガンガン回っているけど水温計はガンガン上がっていく妙な感じ、ラジエターを触ってみると冷たい。

ヒーターは熱い風が出ていてラジエターを触ると冷たい。
冷却水が回っていないようなので今回サーモスタット交換をしました。

サーモスタットは設定された温度で開閉する水門になっており、冷間時は閉じていて設定温度に達すると開いてラジエターに冷却水を循環させエンジン水温を設定された温度に保つようになっていますが、今回サーモスタットが設定温度で開かないためラジエターに冷却水が回らずエンジンを冷やすことが出来なかった事でオーバーヒートになりました。


交換後、水温が安定しファンも定期的にまわるようになりました。



オーバーヒートは、エンジンを壊してしまうことがあるので要注意です。
水温の警告が出たらすぐに点検しましょう!
その前に安全な場所ですぐエンジン止めましょう!