スタッフブログ

秋田 沙也加

C3って実際どんな感じ?

[2019/12/05]

スタッフ:
秋田 沙也加
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン営業、秋田です。
私が入社して早3か月、C3に乗り始めて2か月が経ちました。

時の流れは早いもので、日焼けをしながら洗車をしていた時期から
冷たい風、水と闘いながら洗車をする季節となりました。

私はC3ユーザーとして、ご来店頂く皆様にも聞かれることなのですが
燃費ってどのぐらい?とよく聞かれます。

高速を使い長距離運転の時は“16km/L~18km/L”
下道、街中では“13km/L~15km/L”

燃費としては悪くないと思っています。


また、コンパクトカーに分類されるC3ですが
一人暮らしの引っ越しの荷物が乗るぐらいに荷室をしっかりと使えます!


先日家具屋に大きなカート3台分ぐらいの買い物をしたのですが
お店の人もこの車に乗せるんですか?と驚きの表情でしたが
余裕を残して詰め込むことが出来ました。


そのほかにも実際に聞きたいことありましたら、どんどん聞いていただけましたら嬉しいです!

私の乗っている特別仕様車オリジンも残りわずかとなってまいりました。

ぜひぜひお問い合わせください。
お待ちしております!

秋田 沙也加

1200ccの排気量じゃ不安な方へ

[2019/10/24]

スタッフ:
秋田 沙也加
カテゴリー:
シトロエンについて
セールス1年生秋田です。

皆様は車を購入される際排気量など気にされませんか?
排気量が小さいとパワーが足りないのでは?とか思いませんか?

そうです!排気量が小さいとパワーが足りないですよね。
じゃぁC3とC3エアクロスって1200ccだからパワーが足りないの?って思いますよね。

ところがシトロエンの車にはターボチャージャーが付いておりまして
ターボチャージャーが付いていない2000㏄の車よりもパワーが出るような仕組みになっているんです!

じゃぁターボチャージャーってなに?ってお思いのお客様、
私も思っていました。

ターボチャージャーってなんなのよ、と。

仕組みとしては、エンジンを使った際に排出される排気ガスの一部を利用してパワーを生み出すのです‼‼‼

画期的だと思いませんか?

エンジンを動かすためには、空気と燃料が必要な仕組みになっているんですが
どっちも多く使えばエネルギーは多く生まれます。

でも、燃料は多く使いたくないですよね、燃費悪くなりますし…

空気を多く使うにしても取り込む量には制限があるわけです。

そこで、エンジン内部で排気ガス+取り込む空気としてターボチャージャーがない車よりも
沢山の空気を使ってエネルギーを生み出すことができるわけです!


それでも、パワーに不安があるお客様!
試乗体験お待ちしております。

秋田 沙也加

アンドレ・シトロエン

[2019/10/23]

スタッフ:
秋田 沙也加
カテゴリー:
シトロエンについて
セールス一年目秋田です。
今日よりまたメーカー研修に大阪に出てきております。

前回はフランスについてお話ししましたが、今回はシトロエンのブランドについてお話しさせて頂きます。

シトロエンと言えば可愛くて乗り心地が良くて斬新ですよね!
創業者はアンドレ・シトロエン
シトロエン家はレモン農家をしており、
レモンはオランダ語でシトロン、シトロエン の名前はそこからきたんですねー

アンドレ・シトロエンは元々航空技術に携わる人で
車業界と縁もゆかりもない人でした。

そんな彼は20代の時に起業家として成功するのです。

シトロエンのロゴにもなっているダブルシェブロン

実家にあった、ヘリカルギアというギアを見つけ、広めようとしたのです。
ヘリカルギアで大成功した彼は、車を作ることを始めました。

それがシトロエン。

起業家にしかない発想で、独創的で独自性で先進性のある車が今の時代も受け継がれることとなったのです。


なんとなく可愛いと思っていたロゴにもしっかりと意味があり、シトロエンの歴史を実感すると斬新なだけでなく特別なものに思えてきますね。

秋田 沙也加

フランスのこと

[2019/10/22]

スタッフ:
秋田 沙也加
カテゴリー:
シトロエンについて
セールス1年生秋田です。
先日より大阪へ研修に行かせて頂いております。
さてさて、どんな研修なのかと言いますと
車の知識であったりフランスの歴史であったり…

そうです、座学です‼‼

お喋り大好きな私としましてはじっとしていることが苦手な分野です。

その研修が11月末までございまして
平日は研修、週末は店舗と売れっ子営業マンのように貴重な経験を
させて頂いております。

感謝でいっぱいです。

研修で教わったことなどを折角なので
フィードバックとして投稿させて頂きたいなと思います。


皆さんフランス車はよくご存知かとは思いますが
フランスってどんな国かご存知でしょうか?

私はエッフェル塔がある、ぐらいしか知りませんでした。

…お恥ずかしい限りです。

フランスの国旗、左から青白赤ですね。
意味はご存知でしょうか?

青:自由 白:平等 赤:博愛

以上の意味があるそうです!
フランス車って独特ですよね、
日本にはなく外車の中でも個性的というか。

その個性的なデザインはきっと自由で平等で博愛の精神から
生まれたんだろうな、と思いました。

きっと自由でなければ個性的なデザインが生まれることがなかったでしょうし
博愛の精神がなければ個性的なデザインが受け入れられることもなかったでしょうし
平等でなければ個性的なデザインが世に出回らなかったのかもしれません。

どれが欠けてもフランス特有のデザインは生まれなかったのかもしれませんね。

ちょっと変わってるぐらいに思っていたものもフランスの国旗の意味を知るだけで
こんなにも特別に思えてくるなんて思ってもみませんでした。

ぜひ「自由・平等・博愛」の精神を胸にとめフランス車に触れてみてください。

今までと違った見え方があるかも!?

秋田 沙也加

過酷なモータースポーツ「ラリーレイド」

[2019/09/28]

スタッフ:
秋田 沙也加
カテゴリー:
シトロエンについて
セールス1年生、秋田です。
本日9月最後の土曜日。
多くの方に来場して頂き感謝でいっぱいです。
ありがとうございます!

今回来場頂いたお客様より「ラリーレイド」のことを教えてもらいました。
最初聞いたときに頭に?(ハテナ)がいっぱいでした。

そんな私に、シトロエンなのに知らないの!?

…返す言葉もございません。

なので今日は「ラリーレイド」について調べてみました!

①どこでするの?
砂漠やジャングル、山岳地帯などの自然環境のなか

レースというとアスファルトなどの塗装された道で行うものだと思っていたので、
自然あふれる環境で行うということにびっくりです!


②走行距離・時間は?
WRCという有名な大会では3日間で1000㎞程度の走行
ダカール・ラリーでは20日間10,000㎞以上!

コースが事前に知らされていないので
危険が待ち受ける悪路を長時間走ることになるそうです‼‼


そんな大会でシトロエンはなんと華々しい戦績を並べているのです‼‼‼

知らなかったのが恥ずかしい。

早速動画チェックですね!

皆さんもぜひチェックしてみてください。